失業者の定義とは「仕事に就いていないために働くことが出来ず、しかし仕事があればすぐに働くことが出来、仕事を探す努力をしていた人」というように定義されるのが一般的です。
一見すると当然のことでもあるように見えますが、この三つの要素は完全に満たされていないこともあります。
例えば病気や怪我ですぐには働くことが出来ないという場合にはそもそも失業者以前に病人・けが人として治療に専念しなくてはなりませんし、仕事を探す努力をしていなかった場合、それは自分で望んで仕事をしていないわけですから失業状態とは言えないということもあります。
特に「仕事があればすぐに働くことが出来、仕事を探す努力をしていた人」という定義は極めて重要で、もしこれが失業者の定義に含まれていなかった場合、日本中の学生を失業者として認定しなくてはならなくなります。
そうなると雇用に関する統計データが正確に割り出せなくなりますし、地域によって判断が異なるなどまったく当てにならないデータになってしまいかねません。
ですから失業者の定義とは仕事に就いていないこと、仕事があればすぐに働けること、そして本人が仕事を探す努力をしていることという三つのポイントが必要になるのです。

1

人口の推移と失業者数の統計上の関係ってあるの?

最近、統計で失業率がどんどん低下しているという事を耳にします。
なんとなくいい話のように聞こえますが、失業者は本当に減っているのでしょうか。
それとも統計上のマジックなんでしょうか。
2015年、日本の人口は減少しました。
これまでの人口の推移は、戦争や災害など突発的な場合を除いても基本的には増加の傾向を示していました。
今後の推移は、よほどの事がない限り減少傾向が続くと見られます。
少子高齢化社会、人口減少社会の到来です。
ここで注意すべきは、極端に減少していくのは、若者だということです。
例えば、2013年時点での65歳の人口は約280万人に対して、0歳の赤ちゃんの人口は110万人なのです。
実に2.5倍も違うのです。
この傾向は全年齢を通じてほぼ一貫しています。
さて、失業者とはどんな人たちでしょうか、それは、働く意思のある人のうち働いていない人の数なんです。
この働く意思のある人には定年になった人は省かれています。
つまり定年した人は失業者とはみなされないのです。
ですから今後、定年者が大量に出て新労働者はちょっとという状況が今のまま推移すると、大不況でも起こらない限り統計上は、失業者は減り続けるという事になると考えられます。

2

対策としての職業訓練には何がある?

失業者対策として職業訓練として、その範囲は広く様々なスキルを身につけることができるように工夫されています。
失業者対策として職業訓練は、期間が短いもので2週間から長いもので2年というものも身につけたいスキルに応じて柔軟なものになっています。
そして職業訓練の具体的な内容としては、介護関係、パソコンスキル、経理総務、WEBデザインやあるいは技巧系でCAD、機械設計、自働車整備などがあり、事務系だけなく現業系のものまであります。
失業者が全く違う新たなスキルをつけることを応援するような対策であると言え、基本的にはすべて教材費のみで無料です。
入校の選考に通れば以前の職歴に関係のない訓練も受講できます。
また失業者によって最大のメリットは、これらの訓練を受講中には失業手当を延長してもらい続けることもでき、学校までの交通費や受講した場合の奨励金も貰えます。
失業手当をそもそももらえない方には、失業手当に準じた給付金が要件を満たせば支給され、その際にも学校までの交通費も支給されます。
このように失業者が経済的な心配をすることもなく、安心してスキルアップを図って再就職に結びついていけるように細かい配慮のある失業対策と言えます。

3

こちらに関連サイトを載せておきます

失業者としての期間が長くなると、お金が足りなくなり借金をするということになる人もいます。
特に母子家庭の場合など、平均的な生活費の内訳を述べるなら、普通に働いている人でギリギリの生活と言われます。
ですからそのような立場の女性はひとつの仕事でなく、かけもちで別の仕事もしている人が多いです。
女性が一人で生きていく中で、生活費以外に子供に関わる問題などで困ったときは相談できる窓口を利用するとよいです。
もしあなたが母子家庭の場合など、そういった状況になってしまったら、こちらに関連サイトを載せておきますので、参考にしてみてください。
関連サイト「母子家庭の平均的な生活費の内訳
借金苦からの脱出方法について色々と書いてあります。